いまむぅのラノベ大好き!

ライトノベル、略してラノベ。ラノベはもはや文学作品です。

パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)

Ⅰ.Data 

 初版:2017年8月1日

イラスト:bun150

ページ数:283

 

Ⅱ.Score 

f:id:imamu_u:20200919144935p:plain

 極めて真面目なラブストーリーなので、「エッチ度」や「ギャグ度」は低いです。でも素晴らしい文学作品なので、「ストーリー」は「5」、「キュンキュン度」が「4」で「総合」でも「4」とさせていただきます。

 

Ⅲ.Impression

このブログの副題にもあるように、ラノベはもはや文学作品であり、この作品はそのことを証明しているような作品です。

そのような素晴らしい文学作品の題名をなぜ「パンツあたためますか?」にしてしまったのでしょうか。

聞けば、この作品の原題は「マイナスイオン・オレンジ」だったようです。「マイナスイオン・オレンジ」っていうのもどうかと思います(失礼)が、素晴らしい文学作品が「パンツあたためますか?」なんてちんけな(失礼)題名で台無しになっています。

角川さんとしては「題名で売ろう」なんて魂胆なんでしょうが、こんな失礼な題名じゃ作品が泣きますよ、ホント。

でも、僕が何でこの本買ったかと言うと、、、あ、やっぱ題名に惹かれたのか(^^;

さすが、スニーカー文庫編集長!

 

で、ストーリーですが、文学作品だけあって僕が思い付くようなハッピーエンドの物語ではありません。そういう意味では僕的に好きなラノベではありません。

でも、最後の最後に次に続くエピソードが描かれていて、ラノベらしくて好きです。

しかも作者の先生の将来も無くなったわけでなく、第2巻まで発売されてるようなので、結局僕の大好きなハッピーエンドの作品となっております。